2012年10月7日号。<京都の朝。ヴェルレーヌ。逝きしひとよ>。

2012年10月7日号。<京都の朝。ヴェルレーヌ。逝きしひとよ>。  4時起床。京都。  朝の光の色が違う。3連休などということはまったく忘れていてなぜこんなにさまざまさな予約がとれないのかと思っていた。私には関係がないことだ。いいかげんにこの、月曜日に休日を持ってくるという卑しい制度をやめていただきたい。明らかに週刊誌イジメだと思う。  かつて政府が根拠が不明なカネを配った時に、私たちはそれをニューヨーク・タイムズに拉致犯罪による被害者を取り戻す広告を出すことへの寄付にしてくださいとお願いし、一瞬にして希望の金額が集まった。良民常民の力は凄い。いま、毎週金曜日に国会前に集まっている人々の動きにそれはつながるものであったのかも知れない。  じゃあ、いいじゃないか。明日が休みというのは動かせない。であればそれを逆手にとって遊んでやろうというのが、かつてバッタ金をもらった時に思いついたことに相

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。