2012年10月5日号。<「女性皇族公務員化」は極左政権が最後に仕掛けてきた皇室潰しの「革命」である>。 info x

2012年10月5日号。<「女性皇族公務員化」は極左政権が最後に仕掛けてきた皇室潰しの「革命」である>。  3時半起床。大阪。  ようやく秋の空になってきた。淀川越しに六甲山の稜線がくっきりと見える。  今日は『たかじんのそこまで言って委員会』の前に大事な原稿をひとつ書こうと思っている。だから早起き。  結局、私はやはり文章を書くのが好きなのだ。まあ、そうでないとこんな気が狂ったような日記を毎朝お送りしていないのですが。昨日来、しかししみじみ「ああ、好きなんだなあ」と改めて感じている。今日書こうとしているのは、ある作家の本の解説なのだが、そのために神経を研ぎ澄まして彼の過去に書いたさまざまなものを読み返している。そうすると、途中でもうたまらなくキーボードに向かいたくなる。あとで書くように、昨日はまことに厳しい仕事が相次いだのだが、その合間にも、ずっと頭から書こうとしている文章が離れない。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。