2012年10月1日号。<支那朝鮮に関する教科書の記述について質問されたら田中真紀子文科相はたちまち立ち往生だろうよ>。

2012年10月1日号。<支那朝鮮に関する教科書の記述について質問されたら田中真紀子文科相はたちまち立ち往生だろうよ>。  3時起床。  東京は台風一過。  夕方、数少ない日曜日にあいている店に飯を食いに出たが、家を出る時はパラパラと雨が降ってくるくらいの状態だった。  しかし食事というか呑み終えてドアをあけるともういけない。傘がまったく役に立たない吹き降りとなっていた。足もとがぐしゃぐしゃになるのは仕方がないが、背中にまわしたカバンまで濡れそぼる。中には呑み屋で読むために持っていった資料やメモなども入っているので、今度は逆に腹のところに抱えこみ、傘でそこだけを覆うようにして帰ったのであった。  戻るとすぐにカバンの中味を取り出し、まず自分が風呂に入ったあと、浴室乾燥モードにして、それらを乾かした。幸い、今朝見るとなんとか無事にもとに戻っている。  もっとも私なんぞがこの程度の被害を訴えて

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。