2012年9月30日号。<いちどだけ会った城島健司選手の少年のような破顔を思い出す、進退の潔さよ>。

2012年9月30日号。<いちどだけ会った城島健司選手の少年のような破顔を思い出す、進退の潔さよ>。 4時起床。台風の足音が聞こえる東京は、しかしまだ薄水色の空に絹雲が筋を描いている。  先日の「勧進帳」の後遺症は意外なカタチでやってぎた。「パソコン回復おめでとうございます。誤字脱字も復活しましたね」。さすがは私の読者の方々である。お祝いのメールにも皮肉をちゃんと忘れない。  そうなんですよ。迂闊屋はウカツなようでいながら実は緻密だ。これだけのシステムを破綻なく長年にわたって運用している「理系」なのだからまあ当たり前である。ときどき訪れる配信の危機も、もうおわかりのようにすべて「わたし側のせい」なのだ。  だから迂闊屋どもはそもそも誤字脱字などしない上に、万一やらかしたら「言語暴力装置」である私にどう罵倒されるかわからない。だから何度も校閲して流したらしい。  私が自分で打つようになって、

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。