2012年9月24日号。<和解50周年を祝いあう独仏。ああ生活保護の極道みたいな隣国どものそばから引っ越したい>。

2012年9月24日号。<和解50周年を祝いあう独仏。ああ生活保護の極道みたいな隣国どものそばから引っ越したい>。  2時起床。コンビニに行くべく外にでる。涼しい。北海道から東京に秋を連れてきたのは私です(笑)。  なんという快感であろう。私の手がキーボードの上で踊っている。自分が「アル中」であるのは自覚しているが、実は「書き中」であることもここ数日でよくわかった。13歳で詩らしきものを書き始めてから40年(!)。まとまった文章を書かない日が続いたのは初めてではないか。もちろん、旅の間もメモはとり続けている。しかし、こうやって文章の全貌を頭の中で構築しながら手を動かすという快感を覚えるのは、ああ、久しぶりだ。  迂闊屋が古いパソコンを送ってくれた。しかし、釧路で受け取ったのはもう出発する時刻である。梱包をといてなんとかカバンに押し込み出かけた。だから昨日の日記はやはり、すべて勧進帳である。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。