2012年8月20日号。<尖閣諸島を買うのも上陸するのも地方自治体ならば日本国の主体はどこにあるのか>。

 2012年8月20日号。<尖閣諸島を買うのも上陸するのも地方自治体ならば日本国の主体はどこにあるのか>。  2時半起床。  今朝も「特亜」の方々のニュースが目白押しで、これを書くと朝からキーボードを叩く指先が腐ってくる気がするので憂鬱だったのだが、そこに涼風が吹き込むようなニュースが飛び込んできた。  この時機である。靖国の英霊が教えて下さったのではないか。  <硫黄島/栗林中将決別打電の無線機か/遺骨収容中に発見>  http://mainichi.jp/select/news/20120820k0000m040105000c.html  <太平洋戦争末期の激戦地・硫黄島(東京都小笠原村)での政府の遺骨収容事業で、旧日本軍が最後の組織的な攻撃を前に大本営宛ての電報を打ったとみられる発信所と無線機を地下壕で発見したことが19日、分かった。電報は総指揮官の栗林忠道中将が「矢弾尽き果て散るぞ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。