2011年3月29日号。<国難があぶり出す「在日外国人の行動」は有事の際と同じだと知って注視しておこう>。

 2011年3月29日号。<国難があぶり出す「在日外国人の行動」は有事の際と同じだと知って注視しておこう>。  4時起床。軽井沢。  久しぶりの帰宅だ。正直いって、ここにいるとホッとする。国難発生からの日々が走馬灯のように頭の中を駆けめぐる。  いま、自宅の近くでは別の家の建設が進んでいていつもと逆のルートからしか行けない。そちらから見ると、拙宅の屋根をソーラーパネルが覆っているのがわかる。毎月、中部電力に余剰電力を売っておカネをいただいているので、この節電日本ではなかなか愛国的な家である(笑)。  そういうわけで東京では消しているエアコンもつけた。軽井沢でエアコンを消しているというのは死ねということだもんなあ…と呟いて、東北の方々を思った。おそらく気温はこことほとんど同じであるに違いない。もういちどリモコンに手をのばして消そうと…したけれどもできない。このあたりがやはり「平時」にいる人間

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。