2011年3月10日号。<メア日本部長発言は私たちの裸の王様を教えてくれる「言論の黒船」である>。

 2011年3月10日号。<メア日本部長発言は私たちの裸の王様を教えてくれる「言論の黒船」である>。  4時起床。尼崎の実家。  今日はアメリカによる非戦闘員の大虐殺、東京大空襲から66年目の日だ。  そうした時にあの国のホンネがようやく伝わってきているのがまことに興味深い。  <メア氏発言、キャンベル米次官補「国代表し心から陳謝」>  http://www.asahi.com/special/futenma/TKY201103090458.html  <米国務省のメア日本部長が沖縄県民を「ゆすりの名人」などと発言したとされる問題で、9日夕に来日したキャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は、成田空港で記者団に対し、「米国を代表して心から陳謝したい」と述べた。  米政府の対日政策責任者であるキャンベル氏は10日午前、松本剛明外相と会談、陳謝する見通し。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。