2010年2月25日号。<同じ北米大陸で社長と所属する安藤美姫がともに「判定」を待ち受けるトヨタの運命>。

 2010年2月25日号。<同じ北米大陸で社長と所属する安藤美姫がともに「判定」を待ち受けるトヨタの運命>。  4時半起床。  深夜、胃の激痛で目が覚めた。胃壁全体が中から固いもので押し上げられているような感触だ。  長年にわたって辺地を旅してきて、おそらくはさまざまな悪いものを身体に入れてきたせいで(笑)私の胃腸は鍛えられて至って丈夫である。海外でお腹をこわしたこともない。だから国内でさして過酷でもない日の(そうでもないか。一日中座って『天国のいちばん底』を書き上げたんだから)夜に自分のベッドでこんな目にあうとは予想外だった。  起き上がったものの手もとには市販の胃薬しかない。飲んで横になるも痛みはとれず、さまざまに姿勢を変えて呻吟するうちに、ようやく薄皮を剥ぐようにおさまってきた。  落ち着いていられたのは、原因が推測できたからだ。昨夜、古巣の文藝春秋の先輩である西川清史さんに連れられ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。