2010年2月14日号。<「五輪選手団の朝青龍」出現で談合美談記者団が困った困った(笑)>。

 2010年2月14日号。<「五輪選手団の朝青龍」出現で談合美談記者団が困った困った(笑)>。  4時起床。  昨日は仕事の最中で開会式を見られなかったが今朝の早朝から各局のものをチェックした。バンクーバー五輪である。  <五輪開会宣言、ハイチに勇気/カナダ総督は元難民>  http://www.asahi.com/olympics/news/TKY201002130350.html  なかなかよかったですね。いや、ホントに。カナダという国の、ある意味で脱力感のある自然体が現れていた。しかし、あとで書くが、その脱力感や自然体を示すためには、強靱な精神と体力が必要なのだ。おそらく日本という国は憲法9条を拝みながらそれを目指していて、しかし、できていない。根性が据わっていないからである。今後、外国人を受け入れるのかどうかということでもそうだ。そういう視点でも今回の五輪は、カナダという国を観察す

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。