2010年1月28日号。<亡国の危機にやるべきはもっとみんな働くことで、どうすればより遊べるかを論じている場合か>。

 2010年1月28日号。<亡国の危機にやるべきはもっとみんな働くことで、どうすればより遊べるかを論じている場合か>。  4時起床。  またも一瞬の東京(笑)。それくらいならば帰ってこなければいいようなものだが、やはり仕事場の郵便物くらいはチェックしたいし、身体を動かすのを一週間以上さぼると、あとがきつい。だからどんなことがあっても週に一度は帰京することにしている。  昔の人生設計では週に一度は軽井沢の拙宅に帰るはずだったのだが、あっちは年に何度かになってしまっていて、ようやく東京に辛うじて帰れるというのが現状だ。  昨日は岐阜市で講演をした。岐阜というのは不思議なところで、茫漠と街が広がっている。講演の場所は岐阜駅から遠いし、東京に帰るために新幹線に乗る岐阜羽島駅は、またそこから車で小一時間かかる。道中は田んぼが広がる中に大型店舗が忽然と現れたりする。そして、大きな道が直角に交差しておら

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。