2009年9月4日号。<相変わらず床屋談義みたいな政局話しかできぬ大マスコミの古さが政権交代で際立ってきた>。

 2009年9月4日号。<相変わらず床屋談義みたいな政局話しかできぬ大マスコミの古さが政権交代で際立ってきた>。  4時起床。大阪市。  昨日は東京での作業を終えたあと16時便に乗って読売テレビで18時から『たかじんのそこまで言って委員会』の部分ビデオ録り。19時から『サプライズ 』の生放送。選挙結果を受けてのスペシャルだ。  番組終了後、海江田万里さんと民主党の外交政策について密談。インド洋での給油活動などについては党内にかなり温度差がありそうに感じられた。  とにもかくにも自公政権下で外交でも「何が行われてきたのか」をまず明らかにすることだ。それを受けて民主党がこれまで言ってきた方針を変更しても国民は納得するはずと話す。「前提」がかわってくるわけですからね。  20時に生本番を終えて、なぜか今週は来週分を録画でやるというとで21時からその収録。合間の1時間も、楽屋でメールなど送っている

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。