2009年8月5日号。<やってみたけれどダメだったたね、を日本人は裁判員制度で覚えるだろうけど、それでいいんです>。

 2009年8月5日号。<やってみたけれどダメだったたね、を日本人は裁判員制度で覚えるだろうけど、それでいいんです>。  3時半起床。  一昨日の日記でこう書いた時には、ここまで早い展開があるとは正直言って思っていなかった。しかし、確かにアングロサクソンの連中の考え方は「思った時がやる時」なのである。狩猟民族の思考方法は農耕民族のそれとは違う。  その瞬間に判断できなければ獲物は逃げてしまう。ゆったりと「これでダメならあれだべ」と考えている農民とは異なるのだ。  一昨日、私はこう書いた。  <しばらく触れなかったが北朝鮮が動きはじめているので要注意だ。  <北朝鮮:米記者拘束問題/北朝鮮、米高官の訪問要請/記者釈放交渉の名目で>  http://mainichi.jp/select/world/news/20090730ddm007030087000c.html  <中朝国境地帯で取材中の

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。