2008年11月17日号。<小説にしてみて小説にすらならないと感じたマンガ太郎の給付金バラまき>。

 2008年11月17日号。<小説にしてみて小説にすらならないと感じたマンガ太郎の給付金バラまき>。  3時起床。  小説『マンガ太郎は花咲爺』。  ああ、そうか、今日がその日だったか。  いつものように良民常民の方々にに配信するメールを書きながらテレビをつけた私はため息をついた。  大日本テレビでは、喋るということができない痴呆局もとい地方局の女子アナが叫んでいる。  「見てください!これ、ぜんぶ、給付金受取りの紙なんですよ」  手にはトランプのように、キラキラと輝く紙を拡げている。独立行政法人造幣局が、偽造防止のために、そのあらゆる技術を投入して刷り上げた、給付金受取り証書だ。  何でもICチップが入っているらしくそのために「独立行政法人ICチップ普及機構」が設立されたことが、先日小さな記事で新聞に載っていた。  「モネさん、どうして、そんなにたくさんの証書があるんですか?そこ、どこか

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。