2008年11月10日号。<オノレでしでかした不祥事の言い訳をまた私たちの税金で広報するこいつら、どうしてくれよう>。

 2008年11月10日号。<オノレでしでかした不祥事の言い訳をまた私たちの税金で広報するこいつら、どうしてくれよう>。  3時半起床。  また新聞休刊日だって?仕事する気があるのかね。  どの新聞社の話を聞いても、あと何年出せるかと言う暗い話題ばかりだ。良民常民の感覚だったら、そういう企業ならまず休みを返上して働くのが当たり前ではないのか。  結局のところ、新聞もテレビもその立場を利用したとしか思えぬ一等地にあるビルなどを今後運用して、その不動産利益で今と同じハイヤー人生を送っていこうと考えているようだ。  そんな不労所得者が、どの口で「格差社会」だとか「弱者救済」だとか言うのだろうか。  休刊日を迎えるたびに、人々がそう思っていることが、新聞社の連中にはわかっていない。マスコミ貴族がいつ吊るされるのか、私は楽しみでならない。  大マスコミが大マスコミなら、そいつらに良民常民が額に汗して

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。