2008年10月27日号。<新興国救済で「とてつもない日本」発揮の絶好機に住宅ローン減税と言い出す「とてつもない」小ささ>。

 2008年10月27日号。<新興国救済で「とてつもない日本」発揮の絶好機に住宅ローン減税と言い出す「とてつもない」小ささ>。  3時半起床。  ううっ。一瞬家に寝に帰っただけでまたこれから『スッキリ!』終えて関西か…(苦笑)。  本来ならば今はわが日本国が世界世論を主導していなければおかしいのだ。  なぜなら、今年末までは日本国がサミット議長国だからだ。  議長国であるのにその首班が途中で投げ出すということ自体が信じられないのだが、私たちの国で起きてしまったことだから仕方がない。  そうした中で、ここ何年かなかったペースで世界の首脳たちが智恵を出し合っている。この経済の状況を何とかしなければならないと考えているからだ。  ひとつの大きな会議があった。  <ASEAM首脳会議:閉幕/仏、新金融体制へ布石/アジア囲い込み、主導権獲得狙う> http://mainichi.jp/select/

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。