2008年10月13日号。<本人の「三浦ケース」でロス検屍局がもう一度注目を集めるなどと誰が予想しただろう>。

 2008年10月13日号。<本人の「三浦ケース」でロス検屍局がもう一度注目を集めるなどと誰が予想しただろう>。  3時半起床。  ラフォーレ原宿でのトークショウには大勢の方が来て下さってありがとうございました。  予想外のチケットの売れ行きだったので手に入らなかった方も多いと思う。またどんどんこういう機会を作って行こうと考えているので、これに懲りずに次の機会を楽しみにしていていただきたい。  それにしても、やはり直接みなさんの顔を見るというのは楽しい。  時間の許す限りさまざまな場所に私の方から出向くつもりなので、いろいろな地方でこうした場を考えていただければと思う。  お知らせをもうひとつ。昨日ちょっと触れた私の新刊『バカが国家をやっている』は、アマゾンで予約が可能になったようだ。  http://www.amazon.co.jp/dp/4594058043  まさかこっちは予約でソル

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。