2008年6月25日号。<以前から言っているがパスポートの交付には試験を義務づけたらどうだろうか(苦笑)>。

 2008年6月25日号。<以前から言っているがパスポートの交付には試験を義務づけたらどうだろうか(苦笑)>。  4時半起床。  悲しい出来事の中にも、明日につながっていく希望を見いだすことができるのは、ひとに与えられたせめてもの特権である。  パンドラが箱を開けたとき、さまざまな災厄が飛び出したあとで、最後に残っていたものが「希望」だったという物語を考えついたギリシア人たちは、もうこのことに気付いていたのかもしれない。  もっとも、最後に残っていたものは逆に「絶望」だったという救いのない説もあるのだが、これまた人類を常に二分してきた、楽観論と悲観論、性善説と性悪説を示唆していて興味深い。  犬吠埼沖では、遭難した漁船の捜索が続けられている。  <漁船沈没/県内の8人依然不明>  http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/news/20080625-O

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。