2008年6月18日号。<宮崎勤事件と私が向かい合ったのは綾瀬の女子高生コンクリート詰め殺人事件の実名報道のすぐあとだった>。

 2008年6月18日号。<宮崎勤事件と私が向かい合ったのは綾瀬の女子高生コンクリート詰め殺人事件の実名報道のすぐあとだった>。  4時半起床。  相変わらず雑食動物のように、あらゆるジャンルの文章を書き散らしている。  昨日は大阪のホテルで15時の局入りまでに連載の『日経パソコン』を書き上げたあと、前日に飛び込み依頼のあった『週刊現代』のやや長めの原稿を書く。  頼んだら翌日に書いて来るモノ書きというのもいかにもコンビニだが、やるならやるで反射神経で書かないと時間がないのだ。テーマは「わがふるさと自慢」みたいな話。  来週か再来週売りに出ると思います。ちょっと「いい話」なのでご覧下さい。  2本書き終えて昼過ぎ。さすがに腹が減ったのでコンビニに何か買いに行こうかという誘惑をグッとこらえる。もう1本の飛び込み原稿をここで書かなくてはあとが辛くなると思ったのだ。  お握りくらい食べても時間は

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。