2008年4月10日号。<今この瞬間、あなたやあなたが立つ大和島根の同じ土の上にダライ・ラマ猊下がおられます>。

 2008年4月10日号。<今この瞬間、あなたやあなたが立つ大和島根の同じ土の上にダライ・ラマ猊下がおられます>。  4時半起床。  ついさきほど、ダライ・ラマ14世猊下が大和島根の土を踏まれた。  成田のホテルに入られたとのことで、私は北東の方角に向けてしばし頭を下げた。  いかなる祈りをすればいいのかわからねども、猊下を通じて、チベットの地で支那の暴虐と闘う人々に、いくらかでも想いが達すればと願ったのである。ちなみに今日のタイトルは、海外でお読みの方も、気持ちは大和島根に繋がっているととっていただきたい。  <ダライ・ラマ14世が日本到着、チベット騒乱後初の外国訪問>  http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080410AT1G1000110042008.html  <チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が10日朝、亡命先のインドから米国に向

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。