2008年4月7日号。<こうなるとあらゆる国がどうやって支那聖火を妨害するか智恵とユーモアを競い合うだろう>。

 2008年4月7日号。<こうなるとあらゆる国がどうやって支那聖火を妨害するか智恵とユーモアを競い合うだろう>。  4時起床。  支那の聖火リレーは障害物競走の様相を呈してきた(爆笑)。  <北京五輪:聖火リレー妨害/英市民も多く抗議/中国政府を批判、沿道に怒号>  http://mainichi.jp/select/world/news/20080407ddm007030072000c.html  <6日、大英博物館の近くで開かれたチベット支援団体の集会参加者は約1000人に上り、3~4割を英国市民が占めていた。聖火リレーへの抗議は、在英チベット人だけでなく英国市民にも通じる風潮になっている。>  こうなるともう人権意識オリンピックだ。その国のレベルが問われている。  このコメントも見事である。  <英政府は同日、「聖火リレー成功を望むことは、英国が容認できない中国の状況を追認するもので

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。