2008年4月5日号。<「国家政権転覆扇動罪」がある限り支那は共産党による独裁支配が永遠に続くという理屈>。

 2008年4月5日号。<「国家政権転覆扇動罪」がある限り支那は共産党による独裁支配が永遠に続くという理屈>。  5時起床。  いささか寝不足。昨夜大阪から乗ったANAの最終便は本来ならば21時過ぎに羽田に着くのだが、結局着陸したのは22時ごろ。  羽田でバードストライクがあって滑走路がしばらく閉鎖されたとのことで、焼津上空で小一時間旋回して、着陸待ちをしていた。  降りた滑走路も当初の予定とは違い、スポットまでまた延々と走行していく。  列車なら遅れそうならばデッキから電話もできるが、飛行機ははそうはいかない。都内での打ち合わせがあったのだが、関係者を私がなぜ遅れているのかを知らないまま、延々と待たせることになってしまい、そのストレスで胃が痛む。  結局そのあとの予定がすべて1時間半押しになってしまい、あまり睡眠をとることができなかった。  毎週私は週のはじめとおわりにANAで大阪に往復

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。