2008年3月27日号。<道路にタカるためならあとだしジャンケンでもなんでもあり「農道を一般道に」だって>。

 2008年3月27日号。<道路にタカるためならあとだしジャンケンでもなんでもあり「農道を一般道に」だって>。  5時起床。  夜遅くまで仕事場で雑用を片づけて、やれやれと夕食を摂りにというか、呑みに新宿方面へ出かける。  車が四ツ谷見附あたりを通過すると、ざわざわとした想いが私の中をかけぬける。視野の端に夜目にもあざやかなものが通りすぎていくのである。  桜だ。四ツ谷土手の桜がもうほとんど満開になっていたのである。文藝春秋に勤務し、その後は番町近辺に仕事場を構えた私にとって、人生のさまざまな場面でこの桜の下を歩いてきた。  今年は、こうやって夜遅くに、一日の仕事をようやく終えて、通りすぎる刹那に車窓から目にするのが何かふさわしい気がする。  感傷に浸っている暇さえない。私はいま、忙しいのだ。それだけ、よく生きているのだと頷くのである。  とはいえ、もう何が何だかわからなくなっている分量の

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。