2008年3月7日号。<「そもそも」がわかっていない馬鹿が吐き出す空論が支那の黄砂の如く今日も世間をおおっている>。

 2008年3月7日号。<「そもそも」がわかっていない馬鹿が吐き出す空論が支那の黄砂の如く今日も世間をおおっている>。  5時起床。  小学校でゆとり教育を受けた世代がやがて社会の中枢に進出してくる。そのころの世の中が、どの程度の知識や教養をベースとして運営されていくのかを考えると慄然とする私は、とっととこの国を出ていってしまいたいくらいなのだが、最近でも、あまりにモノゴトの根本原理を知らない人々が無責任な発言を繰り返しているのが目につく。  「そもそも」の部分の知識や教養がが欠落しているのに、その砂上に嬉々として楼閣を築いておられるのである。  もちろん私の場合も、しばしば間違ったことを書いたり言ったりする。  しかしそれをやってしまったあと指摘されると、落ちるべき腑がいちおうはある。『天国のいちばん底』の時代に、国語や政経の先生たちと丁々発止やることで、本人が意識せぬままに身につけたも

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。