2008年2月9日号。<大阪市民のカネ400億円で作った施設を韓国人に26億円で売却して誰も責任をとらない異様さ>。

 2008年2月9日号。<大阪市民のカネ400億円で作った施設を韓国人に26億円で売却して誰も責任をとらない異様さ>。  4時起床。  大阪。ホテルの窓の前に立つと、暁闇の中にちらちらと白いものが飛んでいるように思われる。窓の反射もあって確かにはわからないが、雪だろうか。天気予報では雪ではなく雨となっているのだが。  この季節、雨は生れた時はほとんどが雪である。それが落下するうちに溶けて雨となる。私の部屋は高層階なので、あるいは目の前を通過する時は雪であるものが、地上では雨となるのかもしれない。  生れた時と土に還る時のあいだに姿が変わるというこのことは、ひとや国や志を思う時、なにごとかを感じさせる。  ガラス越しに伝わってくる冷気に包まれていると、なにか温かなものを食べたくなってくる。実際にはこのまま何も食べずに『あさパラ!』のスタジオへ行くのだが。終えて帰京しそのまま『TVタックル』の

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。