2007年11月28日号。<「点と線」じみてきた額賀問題、各メディアの社会部よ威張る政治部の鼻をあかしてやれ>。

 2007年11月28日号。<「点と線」じみてきた額賀問題、各メディアの社会部よ威張る政治部の鼻をあかしてやれ>。  5時起床。  参議院選挙で民主党が大勝した時、私はさまざまなメディアで「これで日本の政治は大きく変わる」と言った。しかし、そんな私は少数派で「政治のプロ」たちは冷笑した。  ところがそういう方々は手のひらを返して、今の国会の主導権を民主党が握っていると解説しておられる。  この国の野球評論家とエコノミストが「過去の清算」をしないのは国際的に有名だが、政治評論家や政治部の記者の方々も、その評判に連なるおつもりらしい。  参議院を民主党がとったことで、この国の政治の風景がどれほど変わったか。私たちはまのあたりにしつつある。  いまの日本国には政府が二つある。  衆議院政府と参議院政府だ。これを解消して政策を進めるためには、解散総選挙か大連立かの二つの方法しかないのは厳然たる事実

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。