2007年11月27日号。<イタリアでも日本でも食べ物がおいしい地域ではどうして闇社会も元気なんだろう(苦笑)>。

 2007年11月27日号。<イタリアでも日本でも食べ物がおいしい地域ではどうして闇社会も元気なんだろう(苦笑)>。  4時起床。  いつのまにか週の半分を関西で過ごすようになっている。  ひとは人生の後半になると、生まれ育った地に引き寄せられるという。私の場合はたまたま仕事の関係でそうなっているわけだが、確かに妙に居心地がよくはある。  若いころ東京に出て肩を聳やかしていた時には、聞かれでもしない限りは、西の出だとは言わなかった。言う場合でも「学校は神戸で」と言って「尼崎生まれ」だとは口が割けても喋らなかった(苦笑)。  幸いなことにというか、ヘンな家だったというか『テンソコ』で書いているように、私の実家は家の中では標準語を使うことを強いていた。だから、関西出身を隠そうと思えば隠し通せたのだ。  しかし、ここ3年ばかり大阪のホテル住まいを続けるようになって、この地の空気が私を受け入れてく

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。