2007年10月25日号。<金大中事件を見逃したことが北朝鮮の日本人拉致を誘発しなかったか>。

 2007年10月25日号。<金大中事件を見逃したことが北朝鮮の日本人拉致を誘発しなかったか>。  5時起床。  お里が知れるとはこのことだろう。このほど韓国政府が明らかにした、金大中事件の全貌を読むと、その後北朝鮮が私たちの同胞にやってのけた仕打ちと、そっくりであることに驚く。人の国にやってきて人さらいをするというのは、朝鮮民族のお家芸なのか。  そしてまた、残念なことに、臆病で卑劣なこの国の為政者が、朝鮮人による主権の侵害に対しては、なぜか及び腰であったことも、北朝鮮との場合と同じだ。  金大中事件が73年。その直後から北朝鮮による日本人拉致が激増したことを考えると、あるいは金豚が、この事件からヒントを得たのではないかとまで思いたくなる。  工作機関どうしのライバル意識は強い。国際的に話題になったこの事件について、少なくともKCIAが何をしたかを、北の工作機関は研究しただろう。  まし

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。