2007年7月22日号。<「松岡さんの事務所費は芸者の花代」発言を風俗ライターたちは嘲っている>。

 2007年7月22日号。<「松岡さんの事務所費は芸者の花代」発言を風俗ライターたちは嘲っている>。  4時起床。  最近、街を歩いていて、どこかで葬式でもやっているのかという鬱陶しい音が聞こえてくることがある。  先日、それが「千の風になって」という歌だと人が教えてくれた。  どうやら流行っているらしい。  私には葬儀屋の広告の歌としか聞こえないのだが。まだセレモアつくばの方が、明るいだけいい。  歌詞を見てみたが、都合のいいことだけを言っている(笑)。  歌詞を巡るオリジナル論争については、もちろん承知していたが、阿呆らしくてマジメにそれを読んだことなどなかった。  しかし、あまりに押しつけがましくあちこちで聞こえるので、一度ちゃんと聞いてみたのである。  いやあ、これはどういう宗教に立脚した人が書いているのかなあ。  大変な楽観論である。  言いたいことはわからなくはない。仏教で言う

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。