2007年7月17日号。<地震でほぼ唯一火の手が上がったのが原発という深刻な事態>。

 2007年7月17日号。<地震でほぼ唯一火の手が上がったのが原発という深刻な事態>。  4時起床。  新潟県中越沖地震がおきた。  <新潟、長野で震度6強/8人死亡、908人がけが>  http://www.asahi.com/special/070716/TKY200707160041.html  被災者の方々に、心からお見舞い申し上げる。  読者の方々の中にも、そちらにお住まいの方がいるはずだ。とてもメールなど受信している場合ではないかもしれないが、阪神淡路大震災の体験者を身内に持つ者として、衷心から、穏やかな日々が一日も早く戻ることを願っているひとりが、東京の空の下にいることを知っていただきたい。  揺れを感じたのは、ちょうど『スッキリ!』から仕事場に帰ってきたころだった。  私の仕事場は骨董品のようなビルで、近くの近代的な建物の倍は確実に揺れる(苦笑)。これまでも「資料雪崩」の発

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。