2007年3月17日号。<「ホリエモンの耐えられない軽さ」に踊った言論人の責任やいかに>。

 2007年3月17日号。<「ホリエモンの耐えられない軽さ」に踊った言論人の責任やいかに>。   5時半起床。  昨日の大阪・ジュンク堂でのサイン会は大盛況だった。整理券100枚を持っておられる方だけの入場だったにもかかわらず、フロアには人が溢れ、一般のお客さんに迷惑をかけてしまった。すみません。  また、参加して下さった方も長く待たせることになった。そのわりに、予定していた時間よりも早く終わったので、考えてみたら、飛行機の搭乗みたいに「1番から50番までは18時から」「51番から100番までは18時半から」とかすればよかったかも。今後の参考にします。  この日記の読者の方にも、大勢お目にかかった。いいもんですね。「毎朝メール読んでいます」と言われると、毎日会話しているような気がして、初めて会った気にならない。今後、読者のみなさんとは、いろいろな仕掛けが出来る気がしてきた。  来月、光文社

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。