2007年1月29日号。<あまりにベトナム戦争と似てきた米が陥るイラクの泥沼>。

 2007年1月29日号。<あまりにベトナム戦争と似てきた米が陥るイラクの泥沼>。  5時起床。  アメリカのイラクへの侵略は、いよいよ本当にかの地の有権者たちに、ベトナム戦争の既視感(デジャヴ)を感じさせてているようだ。  昨日も触れた、大規模な反戦集会なども、それに大きく貢献しているだろう。ジェーン・フォンダが参加したなんて、『サンデー毎日』で連載している小説『天国のいちばん底』のために、70年代の資料を漁っている私としては、何だか嬉しくなってしまいましたよ(笑)。  http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070128i214.htm  しかし、まだアメリカ本土で「イラクのベトナム化」がこういう形でおきているうちはいい。イラクそのもので、とんでもない「ベトナム化」が進んでいるのだ。  <米、イランへ軍事圧力強化/イラク国内の工作員殺害許可>  ht

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。