2007年1月22日号。<北朝鮮コメンテイターの嘘を見破るためにこの本を>。

 2007年1月22日号。<北朝鮮コメンテイターの嘘を見破るためにこの本を>。  4時半起床。  日記でも書いておけばよかったな(苦笑)。私が「そのまんまん東さんは通るよ」と言うと、メディア関係者はみんな「まさか」と言っていた。  ダテに長野で選挙を3回やって、2勝1敗(泣)の実績があるわけじゃありません。どう考えても、勝つとしか思えなかったのだ。いわゆる「票読み」はこういう選挙では当たらない。選挙のプロという人ほど、間違ってしまう。  問題は、この改革の風を維持できるかどうかだ。長野でも、宮城でも、徳島でも、あるいはほかの自治体でも、風は一度は吹く。人々は吹かせる。しかし、利権談合共産主義者どもの底力はそこから発揮されるのだ。  そのしがらみからも抜け出た例は、実はまだ日本国にない。  そのまんまん東さんが、その先例を作れるかどうか、宮崎県民の意識に期待したい。  何しろ、天孫降臨の地で

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。