2018年10月18日号。<疲れてしまっているがあすも仕事がある。まず今日も義理を果たすために生きていかなくてはいけない>。

 3時起床。
 明日、郷里の尼崎市で講演をすることになっているようだ。ということは、身体の不自由さを考えると、私は今日のうちに入った方がいいのかどうなのか。マネジャーのT-1は何だか自分の大切な仕事が忙しくて、私のことなど忘れていることが多い。捨て子が「ここにもいるよ」と声をかけて拾ってもらう感じとはこんなものなのだろう。ちゃんとそのままにされていないのはありがたい。
 今日、ボクここにいるんだけれども、どうすればいいのかな。夜行バスで尼崎まで行くのかな。でも死んじゃうよ。今日の今日なのに今朝になってもどうすることやら。今日のこのことがあったので、どうせなら東京の自宅にいるかと帰宅したが、本当はしばらく入院していた方がよかったのかもしれない。私の中には関西へ行ってしまって、弟に診てもらおうかという気がなくもなかったが、中途半端に東京の家で過ごしてしまった。
 

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。