2018年10月5日号。<わが軍の旗は誇り、といえる国にようやく>。

  • <台風24号/静岡県内、停電4日ぶりほぼ解消へ>
  • <旭日旗は「腫れ物」扱い?/自衛艦の旭日旗掲揚を韓国が自粛要請>
  • <統幕長「自衛艦旗は誇り」/国際観艦式での掲揚明言> 
  • <教育勅語発言/柴山文科相の見識疑う>

 

 2時起床。テレビのニュースはちょうど端境期の時刻だが、ウェブのそれを見て、3連休前の入り口前だと知る。さすがにこの時刻は、わが勤勉なる読者のみなさんも、さあ寝ようかか、あの馬鹿が日記をひょっとして書いているから、のぞいてみるか、というころだと思うが、私でもこの時間に書くのは滅多にないなあ。NたまにつけっぱなしにするNHKは山の映像を流していることがある。「懐かしの山々」のような古いそれなのだが、今朝は私にとって本当に懐かしくて、ウェブのチェックも忘れて、つい見入ってしまった。たぶん、こんな機会もないと思うので、いささか感傷をもって書く。
 どちらも、私の若い、若いころの出来事で、昨日のことも覚えていないくせに、そのころの映像というのは、しっかりと脳味噌なかに畳まれているのである。よく読むことの多い脳科学の本などによると、ひとの脳というのはそうできているらしい。「昨日の都合の悪い記憶は忘れて、昔のいい話ばかりを覚えている」ことはだれしもあるだろうが,確かにその方がキモチよくはある。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦のxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。

1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。