2018年5月5日号。<今日は「鯉のぼり」を見るためだけに、私鉄にでも乗って、郊外へ出てみようか>。

  • <「ともに戦って」横田拓也さんら拉致被害者家族、国連シンポで訴え>
  • <角栄生誕100周年 政情に娘「父ならこうはならない」>

 

 4時起床。
 端午の節句である。もともとは女性のための祝いであったのだが、いつのまにか、武士、それも男の子の尚武を祝う日となった。俗説にはこの季節につきものの菖蒲が尚武に通じるからともあるが、だいたい民間での風習のなりたちなどそういうものだ。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。