2018年4月12日号。<霞が関ビル50周年。出来た時の誇りを、6歳であった私は今でも覚えている。まだ、小さな国であった>。

  • <アサド政権はなぜ化学兵器を使うのか/ロシアを隠れ蓑、欧米の怒りを軽視?/反体制派へ恐怖植え付けか>
  • <霞が関ビル、12日に竣工50周年/日本初の超高層/昭和の高揚感色あせず>

 

 3時起床。
 夜明けが早くなってきた。軽井沢の家だと、その壮大な営みがすべて見えるのだが、東京だとビルの谷間からのぞけるくらいだ。それでも、私がいるところは、フツーにひとが住む場所ではなく、8時くらいからやっと近所のビルにみんながやってくる。4時5時には、静謐さがある。鳥も啼く。ひとがあらわれる6時過ぎになると、いなくなる。どこに帰るのであろうか。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦のxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。

1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。