2018年4月10日号。<中東で命をかけている国軍兵士を私は見てきた。その遺産のためにも、いままた関与すべきではないか>。

  • <「ばかか!」陳謝した理財局長を一喝 自民党の西田昌司議員/森友問題>
  • <米政府報道官、シリア化学兵器使用でロシアを非難>
  • <米政府報道官、シリア化学兵器使用でロシアを非難>

 

 4時起床。
 私は医師の息子として育ってきたので、父の表情というものをいつもまのあたりにしてきた。ちいさな開業医なので、カルテや検査結果などを、私たちが「奥」といった住居部分に持ってきて、それこそ遅い夕食を(仕事終わりが当時は20時だったので、そのあとだ)摂りながら見ていたりする。
 そういう時に亡父が、時に眉をひそめたり、ちいさな声で「うわあ」と言ったりすることがあった。「パパ、何なの?」と聞いても「患者さんのことだ」ともちろん答えない。だがそのあとも「これはどうするかなあ」などとぶつぶつ呟いている。父の性格からいって、患者の前ではそういう表情を見せなかっただろう。いや、症状がよくなっていれば素直に「いいですね」といったであろうし、回復可能なものならば「あの病院、行ってみますか」と告げた気がする。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦のxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。

1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。