2018年4月8日号。<下品な「さらし者」がお家芸の韓国だが、法廷にカメラを入れることは学んでもいい>。

  • <日報探索、「指示」伝わらず/稲田氏、口頭で「ないのか」/統幕、あいまいなメール>
  • <判決、異例のテレビ生中継/「見せしめ」批判も>
  • <JR武蔵野線の列車、行き先「ジャカルタ」表示>

 

 3時起床。東京に出てきた。
 自由律俳句の巨星、尾崎放哉のことは、ずっとあまり好きではなかった。そもそもご存じのように、私は頑固なほど定型詩にこだわる方であって、五七五を崩していいというなら、なんでもありじゃんと。戦後になって左巻きっぽい「進歩的なかたがた」がそうしたものを推したのにも反発した。西行から芭蕉まで、厳しい「しばり」の中で感性を磨いてきたのである。近現代文学の中にもそれはどっしりと生きていて、私のようなバッタもんの文章でも、どこかに遺伝子として入り込んでいる。最近の素人さんはともかく、作家と称するひとたちの随筆などが読みにくいのは、この韻律の教育をすっ飛ばしているからだ。教育って、誰が教えるものでもなく、自分で学ぶことなのだが。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦のxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。

1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。