2018年3月29日号。<日本人ならば、桜を観なくては。散りぎわの四谷土手で>。

  • <両陛下、日本最西端の岬に/台湾見えず、与那国島>
  • <故・正日氏には3回抱きしめたが/中朝、微妙な距離感>

 

 3時起床。
 愛していたものをなくした時の哀しみ、についていろいろと言葉を寄せていただいてありがとう。たかがフリース、しかしフリースなのである。いろいろと危ない場所に、かろうじてパーミッションをとって入った時など、それをなくすと殺されても文句は言えない。だから私は馬鹿と言われても、たいがいの大切なものには紐をつけていて、海外ではカメラマンジャケットに入れている。この服は、写真をとるという機能に特化しているので、すべてのポケットは前面にある。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。