2017年11月28日号。<弾もかするが火山もかする。つい先日までいたバリ島で大噴火>。

  • <アグン山とは?/「火の神が住む山」54年ぶり噴火、バリ国際空港が閉鎖>
  • <北朝鮮ミサイル発射の兆候/政府が信号を捕捉、不測の事態に備え警戒継続>
  • <北の老朽木造船、無謀な遠征/大和堆周辺で違法操業/鋼船も投入>

 

 4時起床。
 書いている途中での挿入だが。いえ、ヘンなものを挿れているのではありません。いつもながら朝からすみませんねえ。風俗ライターとしてはどうもこの漢字に反応してしまって。えっ?複雑骨折したかたちでまだ見栄をはりたいのかって?しょぼん。
 書いているうちに夜明けの時刻になったのである。ところがちっとも明るくならない。雲が重苦しくたちこめている。ベランダに出ると生暖かいほどだ。どうもこういういちにちの始まりは気が滅入る。こんなことを言うと、毎日が雪雲の下である北国の方々には叱られそうだが。でも、雪があるでしょう。雪は辛いがその光はあしもとから世界を明るくする。私たち写真家はお嬢さんを撮る時に、レフ板というものを入れる。雪国では天然のレフ板がずっとあるようなものだ。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。