2017年8月12日号。<わたくし史上、もっとも盛況だったサイン会。ありがとうございました>。

  • 日記
  • <日航機墜落から32年、事故の記憶を次世代へ>
  • <PAC3発射機搭載の車両が高知と愛媛に到着>

 

 3時半起床。尼崎市の実家。いや、もう実家ではなく弟の家だ。
 サイン会を終えて、お盆なので両親の墓も仏壇もあるこちらでその間は過ごそうと思っていた。もちろん最初から弟一家に厄介になるなどという厚かましいことは考えておらず、歩いて1分ほどのところのこちらの自宅に帰るつもりだった。
 ところが、鍵がない。ふらふらと頼ってやってきた兄を診て弟曰く「失見当識、、はやく精神科に行った方がいいよ」。もちろんそう思っています。病識があるだけまだマシというほかはない。というわけで昨夜からもこちらでお世話になっているのである。不動産屋に鍵を借りるのも、そろそろ恥ずかしくなってきたので、今日はこのまま東京に行くか、とマネジャーのT-1君にさきほど「飛行機予約頼む」とメールをした。この時期、とれるかなあ。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦のxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。

1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。