2017年5月23日号。<生まれ育った地での初集会。心動かされることが多かったので、今日はその報告でご勘弁を>。

  • 日記

 

 2時起床。尼崎市の自宅。
 どきどきした。生まれ育った地での講演会に、どれほどの人が来てくれるのか。すかすかだったらどうしようか。昨日の19時から、アルカイックホールで行った。満席であった。小さな方のホールとはいえ、200人ほどは入る。椅子が足りなくてスタッフが慌てて予備のものを並べた。
 ホールを借りているのは1時間で、私の喋りは30分ほどの予定が、あっと思って時計を見ると57分が過ぎていた。質疑応答を必ず入れようと心がけている。これはかなり自信と勇気がないとできないので、偉い地位におられる方は、まず避けるだろう。最近はメディアが失言にうるさいしね。その場で対応できるのは、生放送で鍛えられた私ならではなので、できるだけやることにしている。だが、昨日はおせおせで、ちょっと短くなってしまった。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。