2017年1月18日号。<医師諸君。「街の薬屋」が大切なあなた方の国民の健康にに大きな力を持つ施策が「こっそりと」なされようとしていることに私は驚愕したのだが>。

  • 日記
  • <市販薬購入で税負担軽減/新制度始まる>
  • <竹島慰安婦像計画に政府が抗議>

2時半起床。尼崎市の自宅。
「最近、怪我の話が多いですね」とメールをいただく。その通りなのだが、本人は怪我をしようと思ってしているわけではないのだ。「酒のせいじゃないですか」別のメール。確かにその通りだが、失血であとから考えるとハラハラするほどの怪我をしていて、それでも気がつかなかったのは、酒のおかげだ。えへん。「そのうち、本当に死ぬよ」弟。ええ、そうでしょう。20代のころ、草津のスキー場で、正面がガラスばりのレストランできれいなおね?ちゃんたちがいて、イキッて滑っていたことがあった。『私をスキーに連れてって』のころである。もちろんその前は『彼女が水着に着替えたら』だった。
http://bit.ly/2jtOOxj
http://bit.ly/2jtLrqm
「ああ、何もかもみな懐かしい」。亡くなる前の「宇宙戦艦ヤマト」の艦長の口調でね。朝からいきなり振り返りだ。しかも話がイスカンダルほどまで飛んでしまった。何を話したかったんだったったけ。そうそう、自分の怪我の話をするために、草津のスキー場を持ちだしたのが間違いなのだ。でも突っ込んだ以上はオチまで持っていく。スキーがカッコよかったのです。暖かいところから見ているゲレンゲは絶好のスクリーンであって、その上からストックを振って、つまりは「見ていろよ」と合図をして滑り始めた。こんなことを思い出すのも、ちょうど今時分の季節だったからだろう。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。