2016年10月16日号。<「戦争の残虐性どこまで伝えるべきか」。久しぶりに考えた。そりゃ、すべてでしょう。伝え手としては。あとは人々の判断だ>。

  • <記者は去り記事は残る>
  • <「戦争の残虐性どこまで伝えるべきか」報道写真家らが議論>
  • <活断層の上、住めるのか/熊本地震から半年>

3時半起床。
ここのところ毎朝、パソコンを起動して日記を書き始めた時、つまり今ですね。不安でたまらない。今日はちゃんとこの子は働いてくれるであろうか、と考える、もうこの子はおじいちゃんなのである。いや、おばあちゃんかも知れないが。わが愛機、LIFEBOOK S576Dは前の機種よりもよほどタフにはなった。こんなところを褒めて担当者はガックリかも知れないが、ソフトというよりもハードである。同じペースでキーを打ち続けているのに、文字がはげないしキーがすり減らない。ボコンと指の形にへこんだキーを見せるのがちょっと自慢だったので残念。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。