2016年9月19日号。<敬老と 言われるほどの 歳でなし。その意識、あるからこその 哀しさよ>。

  • <老後の生活費、夫婦で「30万?34万円」が3分の1超える>
  • <パラリンピック、車いすラグビー初メダル銅>
  • <「巨大噴火」予測へ海底調査>

4時起床。
敬老の日。昔はなぜこんな日がいるのかね、と思っていた。そもそも祝われる側は不愉快でないのかと。気がつくと私はそろそろそちら側に入りつつある。江戸時代なら死んでいても不思議ではない。日本国の多くの祝日がそうであるように、そもそもは農村の農事暦に関連するのであろう。1年の辛い農作業のひとつの節目。稲刈りには少し早いような気もするが。私にとっては敬うべき年寄りがほとんど絶滅してしまっていて呆然となる。今日も昏睡を続ける父くらいだ。一族からは敬われる側になっている。誰も敬ってくれないけど(想像)。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。