2016年7月7日号。<「過去の清算」という苦行から逃げるから支那朝鮮につけ込まれる。イギリスに学ぼう>。

  • 日記
  • <イギリス経験主義のトマス・ホッブズとジョン・ロック>
  • <英独立調査委/イラク戦争でのブレア政権判断を批判>

3時起床。尼崎市の家。
マネジャーのT-1君は私のことをいきなり講演の関係者などに「基地外なんで、許してやって下さい」と紹介するので有名だが、同時に認知症の徘徊老人であるともちゃあんと認識している。「何度言っても結局は直前にならんと自分が何するんかわからんでしょう」。はい。昨日の日記も間違えました。<今日は胸いっぱいサミットの収録>ではない。正確に言うと、いま書いている「今日」である。なんとなく昨日のような気がしていたのだがなあ。というわけで、昨日はまるでヒマになってしまった。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。