2016年4月10日号。<拉致された同胞を奪還し、数えきれない日本国民と一緒に「桜を見る会」を実現したい>。

  • 日記
  • <「桜を見る会」著名人ら1万人超出席 新宿御苑>
  • <拉致被害者家族/早期帰国求め大規模集会>
  • <米軍、アルカーイダ幹部を殺害>

3時起床。尼崎市の家。
わが優秀なる工作員は世界中のあらゆる場所に潜伏していて(笑)素晴らしい情報を送ってくれる。中でも著名人の目撃談がいちばん多く、このご時世だから写真つきもあるのだが、まあそれぞれ事情があるのだろうとあまり紹介していない。でもこれは愛すべき同級生だからいいか。和田秀樹大先生、
http://ameblo.jp/wadahideki/
昨日は曙橋の和食屋で美女を相手に天下国家をしきりに論じておられたとか。ご自身のサイトのタイトルのように「テレビで言えない」とかいわずにどんどん発言して私のようにクビになろうよ。あと、灘の集まりに決して顔を出さないのもやめて、もっとおいでなさい。私と対談本を出すなら、どの社でも飛びついてくるよ。
マクラに和田君を使ってすまん(笑)。以下を書きたかっただけで。いいなあ。美女と上等な店か。同じ頃、といえばまだマシなのだが実はもっと早い暮れきれぬ時刻に私は尼崎の立ち呑み屋にいた。店のモニターには競艇の結果が出ておっちゃんらは(なんとオバチャンもいた!)何やら手にしたメモと携帯でいいろいろやっているが、私は見なかったことにしようっと。「あっ、センセイ、久しぶり」。顔なじみである。その時刻に入ったのはもうひとつのモニターでタイガースのデーゲームの中継をやっていたからだ。おっちゃんたちもさすがに競艇の結果の合間にそっちをみて拍手していたりする。
もちろん私には美女は隣にいず、というかこんなところについて来るわけもなく、よぼよぼとひとり「あの酒ある?」どころか大メーカーの普通酒をコップで呑んでいるのである。いい人生だなあ。そのまま帰って倒れて寝てしまったので今朝は早起き。なんだかますます自然のリズムに従って生きているような気がする

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。