2016年1月3日号。<ニュースが死ぬほど薄い。よその国では日本国の大スマコミの年末年始など関係ないのに>。

2016年1月3日号。<ニュースが死ぬほど薄い。よその国では日本国の大スマコミの年末年始など関係ないのに>。  2時半起床。  軽井沢からも東京からも尼崎からも(どんだけ家もって無駄しとんねん)離れているので、ウェブで頑張っているのだが情報収集が限られているな、と年が改まってこれだけたってようやく首をひねった。ごめんね。朝日新聞はやはり紙の朝日新聞が真骨頂であってあの「どうでもいい場所にある記事も高給をとっている築地の方々が無理やり書いている感」が素敵なのだ。ウェブでは読まずに捨ててしまう。しかし、紙だと便所などで意外と読んでしまったりする。そういう読者が今の宅配の朝日を支えているのかも知れない。  昔から私は契約更新のハンコも押さないのに投げ入れてくる新聞は「押し売り」だと言ってきた。しかしその「押し売り文化」を半笑いで受け止めてしまっている読者こそが、朝日新聞を支えているのかも知れない

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。