2015年8月20日号。<軽井沢の自宅。ここでこのまま死ねればいいなあ>。

2015年8月20日号。<軽井沢の自宅。ここでこのまま死ねればいいなあ>。  4時起床。軽井沢の自宅。  いい家を建てたものだと我ながら思う。いつでも帰って来ることが出来る。しかも執事たちを入れているので、ホテルのように整備されている。学生のころは「軽井沢でホテルを予約する」のがけっこう大変だった。家があるというのはいいものである。  下界は霧に包まれている。今日は雨の雰囲気にずっと迫られそうだ。でも、いちどは歩いてでも軽井沢銀座に行ってみようと思う。「人が煩いのは嫌だ」といいながら、やはり夏のその賑わいはきらいではない。このあたり、ある種の「ツンデレ」ですね。だから今日はこの夏の数少ない休日。シャンパーニュを呑みながらこの日記を書いている。あっ、いまから仕事に行かれる方々には叱られそうだが、たまには赦して下さい。  ちなみに、今日も誤字脱字には気を配っているつもりなのです。それでも多けれ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。